【特徴が大きく異なる商品の選び方】BOTCHAN(ボッチャン)とZIGENを徹底比較

【特徴が大きく異なる商品の選び方】BOTCHAN(ボッチャン)とZIGENを徹底比較

今回はメンズスキンケアのBOTCHAN(ボッチャン)とZIGEN(ジゲン)です。
BOTCHANは先月2018年8月に大阪初上陸ということでイベントをしたり、イケイケのメンズコスメブランドとして爆進中です。一方、国内メンズスキンケアブランドとして一定の地位を確立しているZIGEN。共に人気の男性用化粧品・スキンケアブランドですが、今回はこちらの商品を比較していきます。どちらも添加物抑えめな仕様ですが、やはりそれぞれの個性がありますので、解説していきます。

 

メンズスキンケアBOTCHANとZIGENを徹底比較

 

 BOTCHAN ZIGEN
BOTCHAN

総合おすすめ評価

65/100点

BOTCHANレーダーチャート
魅力的なパッケージがGOOD!香料による香りは柑橘系で、普段無香料を好む私には少々強い印象です。
香料以外の添加物は、極力抑えられています。また、BOTCHANの特徴である植物エキスは、保湿やエイジングケア等が期待されますが、基本的に肌質を選びます。アレルギー体質の方や、植物でかぶれる方はイメージがつきやすいと思います。また、「クエン酸」、「クエン酸Na」等の、肌に刺激を与えて一時的に毛穴を引き締める”収れん作用”がある刺激が強い成分が配合されているため、とっても優しいメンズスキンケア!とは、言えません。しかしながら、添加物が極力抑えられている点と、消炎作用がある成分等、植物エキスのデメリットである刺激をある程度抑える成分が配合されているため、アレルギー体質の方や、極度の敏感肌の方を除き、比較的安心して使えそうです。
肝心の保湿力はいまひとつです。BOTCHANは化粧水であるフォレストトナー以外にも、乳液やクリーム等の複数ステップが必要なメンズスキンケアです。保湿力はセラミド配合のZIGENに軍配があがるでしょう
 

公式サイトで購入はこちら

Amazonサイトで購入はこちら

 

ZIGEN

総合おすすめ評価

85/100点

ZIGENレーダーチャート
ZIGENはネットの口コミが大変よく4つの添加物フリーセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンの3大美容成分大人気のメンズスキンケアブランドです。BOTCHANと比較すると香りがなく、パッケージも地味ですが、ZIGENの実力は本物です。ベタつきがあり、重たい使用感ではありますが、保湿に特化しており、オールインワンメンズコスメのなかでも上位クラスの保湿力です。残念なのはオイルフリーであるという点です。前回の比較記事(こちら)で解説したように、ZIGENの特徴であるオイルフリーが気になります。私オトコ肌職人は男性用化粧品には適切な油性成分配合が必要だと考えています。詳しくは前回の比較記事をご覧ください。
 

公式サイトで購入はこちら

Amazonサイトで購入はこちら

 

BOTCHAN&ZIGENを評価比較早見表

 

BOTCHAN ZIGEN
価格 2,160円(税込) 3,990円(税込)
内容量 150ml 100g
良い成分 ヨーグルト液(牛乳)、ヒアルロン酸Na、各種植物エキス、ポリクオタニウム-51 ヒト型セラミド3種、ヒアルロン酸Na、コラーゲン、プラセンタエキス、アルギニンを含む各種アミノ酸15種、各種植物エキス
刺激性 以下の添加物が無配合
パラベン、無鉱物油、ノンシリコン、アルコール、無着色
以下の添加物が無配合
オイル、アルコールパラベン香料
使用感 ベタつきあり 若干ベタつき、重たい使用感
オトコ肌職人評価 BOTCHANはこちら ZIGENはこちら
総合評価 65点 85点

保湿力はやはりZIGENが勝ります。BOTCHANのフォレストトナーは単体での使用の場合、保湿力が心許ないです。しかし、ZIGENはBOTCHANに比べて地味ですし、無香料なので香りの楽しみがありません。もちろん、肌にとっては無香料の方がベターですが、スキンケアは継続が一番大切です。ZIGENは高品質なスキンケア商品ですが、あまりに無骨で、楽しく毎日使えるという点ではBOTCHANに分があるのではないかと感じます。もう少し詳しく見ていきましょう。
 

保湿力

保湿力

保湿成分として、ZIGENは保湿の王様・ヒト型セラミドが配合されています。その他、ヒアルロン酸・コラーゲンが主たる保湿成分として配合されています。
申し分ない保湿成分ですが、ZIGENは油性成分が配合されていないオイルフリーという点が少し、惜しい点です。
一方、BOTCHANは、ヒアルロン酸Naや保湿力が期待できるポリマー系の成分である「ポリクオタニウム-51」が配合されていますが、やはり角質層に潤いを与えるセラミドの配合が欲しいところ。保湿力はもう一歩がほしいです。

以上の観点から、保湿力はZIGENに軍配が上がるでしょう。

 

成分面

どちらも添加物は抑えめですが、BOTCHANは植物性エキスの配合が特徴です。植物エキスは肌に優しいようなイメージですが、肌に合わない方も存在します。

 

使用感・使いやすさ

どちらもプッシュして適量を取るポンプタイプではないため、吐出のし辛さはあります。しかし、粘度があるZIGENは吐出時、手からこぼれることはありませんが、BOTCHANは水のように粘度がなく、手からこぼれることがあります。粘度がないタイプは我々男性にとっては不慣れで非常に使いにくいです。
また、ZIGENは無香料ですが、人によっては不快な香りがします。BOTCHANはおしゃれな雰囲気があり、使っていて楽しい気分になりそうです。香りはやや強いですが、スキンケアをする上で香りを楽しみたい方にはいいかもしれません。

 

 BOTCHAN ZIGEN

 

BOTCHANとZIGENの総合評価

ZIGENは保湿力が高いオールインワンメンズスキンケアで、BOTCHANはシンプルすぎるZIGENに比べて、お洒落で楽しい雰囲気があるブランド力の高いメンズスキンケアです。それぞれタイプの違うスキンケアですので、保湿を求める方にはZIGENをオススメします。また、デザイン性に魅力を感じる方はBOTCHANをオススメします。BOTCHANはフォレストトナー単体では保湿が不十分かもしれないので、乳液やクリームを併用しましょう!
 

BOTCHAN

公式サイトで購入はこちら

Amazonサイトで購入はこちら

ZIGEN

公式サイトで購入はこちら

Amazonサイトで購入はこちら

どんなスキンケア商品を買えばいいかわからない方はメンズスキンケアランキングをご参考に!

メンズスキンケア比較カテゴリの最新記事