【高保湿商品の選び方】HOLO BELL(ホロベル)とZIGENを徹底比較

【高保湿商品の選び方】HOLO BELL(ホロベル)とZIGENを徹底比較

メンズスキンケアのHOLOBELL(ホロベル)とZIGEN(ジゲン)を比較しました。
共に保湿力が武器の人気のスキンケアブランドですが、今回はこのどちらの商品を購入すればいいかわからない方のために、保湿力、成分面、使用感・使いやすさから評価し、比較していきます!

ホロベルZIGEN

HOLO BELLの総評

総合おすすめ評価

95/100点

HOLOBELL(ホロベル)は、保湿と使用感にこだわりを感じるブランドです。2017年12月発売の商品ではありますが、口コミ等でも話題となり、現在急成長しているようです。トータルスキンケア保湿ジェルは、メンズコスメ業界初の配合成分7つの添加物フリー、神奈川大学の独自技術の三相乳化技術、そして、ヒト型セラミド等の保湿成分が高配合されており、高保湿なのにサラサラなつけ心地が特徴的です。一度で長時間保湿でき、朝の塗布で、夕方まで嫌なベタつきがない使い心地です。

公式通販サイトで購入はこちら

Amazonサイトで購入はこちら

ZIGENの総評

総合おすすめ評価

75/100点

レーダーチャート

ZIGENはネットの口コミが大変よく4つの添加物フリーヒト型セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンの3大美容成分大人気のメンズスキンケアブランドです。ZIGENは高品質なメンズスキンケアですが、私が少し気になる点があります。1点目はオイルフリーということ、2点目はハマメリス水配合ということです。オイルフリーのスキンケアは肌に優しいイメージですが、乾燥肌の方はインナードライを引き起こす可能性があります。また、ハマメリス水は毛穴を引き締める「収れん作用」が期待できますが、刺激が強いため、肌への負担が懸念されます。

公式通販サイトで購入はこちら

Amazonサイトで購入はこちら

HOLO BELL&ZIGENを評価比較早見表

ブランド名 HOLO BELL ZIGEN
価格 3,500円(税抜) 3,700円(税抜)
内容量 100g 100g
良い成分 メセムブリアンテムムクリスタリヌム液汁 、ヒト型セラミド3種アセチルヒアルロン酸Na、リンゴ果実培養細胞エキス、各種乳酸桿菌、プラセンタエキスアルギニン、ビタミンA、ビタミンC誘導体、温泉水、各種植物エキス ヒト型セラミド5種ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタエキスアルギニンを含む各種アミノ酸15種、各種植物エキス
刺激性 以下の添加物が無配合
石油系界面活性剤、アルコールパラベン、着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、香料
以下の添加物が無配合
オイル、合成界面活性剤、アルコール、パラベン、香料
使用感 ベタつかず、サラサラの使用感 若干ベタつき、重たい使用感
オトコ肌職人評価 HOLO BELLはこちら ZIGENはこちら
総合評価 95点 75点

HOLO BELLとZIGENの各要素比較

どちらも内容量は100gで、価格設定もほぼ同じですが、HOLO BELLの方が200円安いです。どちらにもセラミドが配合されており、保湿重視のスキンケア商品だということがわかります。総合評価の点数だけで考えると、HOLO BELLに軍配が上がっていますが、各要素ではどうなのかをもう少し、詳しく解説していきましょう!  

保湿力

保湿力
 
保湿成分として、HOLO BELL・ZIGENともに保湿の王様・ヒト型セラミドが配合されています。ZIGENはヒト型セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンが主たる保湿成分です。
申し分ない保湿成分ですが、ZIGENは油性成分が配合されていないオイルフリーです。本来、オイルフリーのメリットは、オイルによる肌への負担が軽減される、また、軽い使用感、という点があります。
しかし、オイルフリーのデメリットとして、うるおい不足になりやすいインナードライ肌やにきびを進行させる恐れがあります。ZIGENのオールインワンフェイスジェルはポリマー系成分が配合されており、独特の“肌がコーティングされたような”使用感が保湿力を演出しますが、使用感と保湿力は別です。ZIGENの保湿力の高さは本物ですが、男性の肌は乾燥しているため、適度に油分を与える必要があります。オイルフリーをメリットとして捉える方も多いですが、多くの男性にとって、油性成分は必要である、と私オトコ肌職人は判断します。

また、HOLO BELLの主たる保湿成分はヒト型セラミド・スーパーヒアルロン酸・”バラフ”が配合されています。私は基本的に植物エキスを評価しませんが、この“バラフ”はコラーゲンの1.3倍の保湿力があると明らかになっています。つけ心地はサッパリしていますが、その保湿力は本物です。

以上の観点から、保湿力はHOLO BELLに軍配が上がるでしょう。
 

成分面

 
成分として大きな違いは添加物フリーの数ですね。HOLO BELLは7つの添加物フリーで、ZIGENは5つの添加物フリーです。添加物の全てが危険なものではありませんが、少ないに越したことないです。それぞれ一つ一つ成分配合を確認しましたが、添加物を抜くための添加物の配合もなく、どちらも安全に使えるスキンケア商品です。
保湿成分以外に、HOLO BELLはプラセンタエキスや、特徴的な成分・リンゴ幹細胞、乳酸桿菌、アルギニン、ビタミンA、ビタミンC誘導体などエイジングケアに期待できる成分がふんだんに配合されています。
ZIGENはプラセンタエキスや、15種類のアミノ酸など、こちらも特徴的な配合成分で、エイジングケアにも対応しています。しかし、成分面での懸念点がハマメリス水です。収れん作用は、肌に刺激を与えて、毛穴を引き締めます。この収れん作用は一時的なものであり、肌への負担が少なくありません。デート前に一時的に毛穴を引き締めたい、という目的がある方には良いですが、長期的なスキンケアにはこの成分はおすすめできません。

以上の観点から、成分面はわずかながらHOLO BELLがおすすめできます。

使用感・使いやすさ

 
どちらも香料やパラベン、アルコールなど刺激が懸念される添加物が配合されていないため、肌への負担が少なく、安心です。香料は刺激や肌へのアレルギーが心配ではあるものの、スキンケアに香りを求める方もいるので、もし良い香りのスキンケア商品を使いたい!という方には、残念ながらどちらもオススメできません。
使いやすさとして、ZIGENはチューブタイプで、多く出してしまうなど、適量が出しづらい仕様です。HOLO BELLはポンプタイプのため、1プッシュ、2プッシュと簡単に適量を吐出できます。しかし、残量がわずかになると、出が悪くなるため、容器を振るなど、工夫しながら使う必要があります。

以上の観点から、使用感・使いやすさは引き分けです。

お得な買い方

上記で保湿力・成分面・使用感・使いやすさの要素比較を解説してきましたが、それらを踏まえた最終評価を発表する前に両商品を1円でも安く購入できる方法を紹介します。

HOLO BELLのお得な買い方

HOLO BELLを安く購入する方法は定期便を利用することです。HOLO BELLの定期便は初回から10%OFFで、しかも送料無料で購入することができます。そのため、通常で購入するより1,000円近く安く買うことができます。さらにHOLO BELLの定期便には最低購入回数がないため、1回使ってみて、満足いかなかったら、解約や休止も簡単にできるようです。継続すれば、回数に応じて割引率も大きくなるため、購入を検討している方は間違いなく定期便を購入すべきです。

ZIGENのお得な買い方

ZIGENにも定期コースはありますが、割引や送料無料といったサブスクリプションならではの特典がないようです。少し残念ではありますが、その他にも安く購入する方法があります。初回購入限定ではなりますが、送料無料になり、ZIGENのオールインワンフェイスジェル ミニボトルがついてくるので、かなりお得になります。初回限定なので、2回目以降は定価になってしまうのが気になる点です。

HOLO BELLとZIGENの最終評価

ブランド名 HOLO BELL ZIGEN
保湿力 非常に良い 良い
成分 非常に良い 良い
使用感・使いやすさ 良い 良い

HOLO BELL、ZIGEN共に保湿力の高い高品質のメンズスキンケアです。どちらの商品も基本的には、肌質を選ばず、どんな男性にもオススメできますが、今回解説したように、保湿力・成分面・使用感・使いやすさ、で評価した場合、オススメするメンズスキンケアはHOLO BELLです。保湿力はメンズコスメでもトップクラスでありつつ、サラサラとした使い心地で、面倒臭いスキンケアが快適になるでしょう。

HOLO BELL

公式通販サイトで購入はこちら

Amazonサイトで購入はこちら

ZIGEN

公式通販サイトで購入はこちら

Amazonサイトで購入はこちら

その他、私がメンズスキンケアを成分面、コスパ面などから評価した商品ランキングを見てみたい方は、以下のメンズスキンケアのランキング記事をご覧ください。

メンズスキンケア評価&口コミ調査カテゴリの最新記事