【洗い流す?洗い流さない?】メンズトリートメント人気おすすめランキング 10選

【洗い流す?洗い流さない?】メンズトリートメント人気おすすめランキング 10選

日々何気なく行っているシャンプー・トリートメントのヘアケアは、男性それぞれの髪質や肌質に合わせた商品を使うと、抜け毛や切れ毛、ダメージなどの補修が今までよりも効率的になります。
男性にとっても、髪と頭皮は美容においての重要なパーツとなっているため、ここではメンズトリートメントの使用目的や役割、おすすめの商品についてじっくりとチェックしてみましょう!

リンス・コンディショナー、トリートメントの違い

ヘアケアの基本的なアイテム、リンス・コンディショナー・トリートメントは、男性から見ると、どれもが同じように見えてしまうのではないでしょうか?それぞれに違いがあります。リンス、コンディショナーは、髪の表面に被膜を張り、キューティクルの痛みを補修し、トリートメントは、髪と頭皮の内部にまでしっかりと栄養成分を届け、ヘアダメージの集中的なケアします。リンス・コンディショナーはネーミングが違ってもひとつのくくりとして販売されていることが多いのですが、トリートメントの場合は、インバス(洗い流すタイプ)アウトバス(洗い流さないタイプ)などのラインナップが充実していて、リンスやコンディショナーとはまったく違った役割・効果があります。そのため、リンスorコンディショナーにプラスして、トリートメントも併用することが、男性の美髪・健やかな頭皮を叶える大切なポイントとなります。

男性にもコンディショナーは必要?

男性にもコンディショナーは必要?

前項にて、コンディショナーの役割・使用目的をお伝えしましたが、『トリートメントだけ使っていれば、コンディショナーの必要はないのでは?』とイメージした男性も多いことでしょう。男性にもコンディショナーはもちろん必要で、その目的・役割は、①被膜によるコーティングで外部からのダメージから髪と頭皮を守る②キューティクルを健やかに維持する③トリートメントの浸透力、密着力を高めるなどといったコンディショナーならではの効果・メリットが期待できるため。特にコンディショナーを使っていると、トリートメントでは補いきれない水分や栄養成分をプラスし、トリートメントの密着力・浸透力をサポートしてくれるため、化粧品でいう導入美容液のような役割を持っています。

トリートメントの種類

メンズの毎日のヘアケアに必須のトリートメントは、髪と頭皮に必要な栄養成分を与え、ダメージを集中的にケアしたり、抜け毛や薄毛、切れ毛や枝毛などを予防する役割があります。そんなヘアトリートメントには、洗い流すタイプのインバス、洗い流さないタイプのアウトバストリートメントがあります。ここでは、それぞれのトリートメントの特徴・違い・メリットについてご紹介しましょう。

洗い流すトリートメント(インバストリートメント)

トリートメントの種類
シャンプー、コンディショナーの後に使うインバストリートメントは、頭皮と髪に不足した水分や栄養成分を補う髪の絡まり、きしみを防ぐアウトバストリートメントの浸透力や密着力を高めるといった役割があり、毎日使うことでなめらか、つややか、まとまりのある美髪に仕上げてくれます。

洗い流すトリートメント(アウトバストリートメント)

タオルドライ後、髪の乾燥が気になる際、乾いた髪にでも使用できるアウトバストリートメントは、オイルタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプなどがあります。オイルタイプは、保湿成分が豊富でダメージが深刻な髪質におすすめで、ミルクタイプは、無添加商品が多く、デリケートな頭皮にも安心安全、ジェルタイプは、さらっとしたテクスチャーでべたつきにくく、頭皮のニオイケアにも使用できるといった特徴があります。インバストリートメントに比べると、アウトバストリートメントは目的や髪質、好みによってテクスチャーを選べるメリットが男性にも人気を集めているヒミツとなっています。

おすすめメンズトリートメント10選

ここからは、メンズに人気のある、髪と頭皮の両面からのアプローチがOKな、おすすめのメンズトリートメント10選をご紹介します。洗い流すタイプのインバス・洗い流さないタイプのアウトバス、両方のおすすめトリートメントを集めてみましたので、価格や特徴、人気ののポイントなどをじっくりと参考にしてください。

BULK HOMME(バルクオム)/THE TREATMENT

BULK HOMME(バルクオム)/THE TREATMENT

種類 インバス
税抜価格 3,000円
容  量 180g
おすすめポイント ①髪と頭皮のダメージを徹底して改善、予防
②頭皮と髪に安心、安全な成分ばかりを配合
③頭皮のべたつき、乾燥、両方にアプローチできる

Amazonサイトで購入はこちら

MY BOTANIST(マイボタニスト) トリートメント

MY BOTANIST(マイボタニスト) トリートメント

種類 インバス
税抜価格 シャンプー&トリートメントのセットで9,960円
容  量 395g
おすすめポイント ①診断システム採用で、オリジナルのトリートメントが使える
②髪、頭皮の悩みにリンクしたトリートメントが毛髪診断士によって導かれる
③フレッシュ系、ウッド系など、好きな香りを自由にピックアップOK

公式サイトで購入はこちら

MARO(マーロ) 薬用デオスカルプトリートメント

MARO(マーロ) 薬用デオスカルプトリートメント

種類 インバス
税抜価格 1,000円
容  量 480ml
おすすめポイント ①殺菌効果があるから、フケやかゆみのトラブルも解決
②プチプラなのに高品質!はじめての人も購入しやすい
③スーッとした心地よい使用感でリフレッシュ効果も

Amazonサイトで購入はこちら

資生堂 アデノバイタル スカルプトリートメント

資生堂 アデノバイタル スカルプトリートメント

種類 インバス
税抜価格 3,500円
容  量 130g×2本セット
おすすめポイント ①Amazonにてベスト商品にランクイン!
②ダメージ補修だけじゃない!育毛にもアプローチできるメンズトリートメント
③髪の根元からふんわり◎薄毛をすぐにカバーしてくれる

Amazonサイトで購入はこちら

NHE ボリュームコントロール リペアトリートメント

NHE ボリュームコントロール リペアトリートメント

種類 インバス
税抜価格 3,686円
容  量 500ml
おすすめポイント ①ダメージと保湿に特化した成分が50種類も贅沢にブレンドされている
②オレンジ&グレープフルーツの香りで優雅なヘアケアタイムを
③髪のうねりや過度なボリュームを毛先までしっかりまとめてくれる

Amazonサイトで購入はこちら

BOTANIST(ボタニスト) ボタニカルヘアミルクモイスト

BOTANIST(ボタニスト) ボタニカルヘアミルクモイスト

種類 アウトバス
税抜価格 1,235円
容  量 80ml
おすすめポイント ①ドライヤーの熱を味方につけたヘアケア成分配合
②Wフレグランスによる頭皮の不快なニオイをやわらかな香りに
③ミルクタイプだからべたつかず、しっとりまとまりのある髪質に

Amazonサイトで購入はこちら

ミルボン ディーセス エルジューダMO

ミルボン ディーセス エルジューダMO

種類 アウトバス
税抜価格 1,800円
容  量 120ml
おすすめポイント ①さりげないインテリアアイテムにも◎華やかなデザインにヘアケアも充実防
②美容のプロも大絶賛の逸品!数々のランキングでもトップの座をキープ
③どんな髪質にも相性抜群!ひとつで頭皮と髪のコンディション両方をサポートしてくれる

Amazonサイトで購入はこちら

ケラスターゼ NUソワンオレオリラックス

ケラスターゼ NUソワンオレオリラックス

種類 アウトバス
税抜価格 2,846円
容  量 125ml
おすすめポイント ①クセ毛や乾燥、ごわつきが気になる硬い髪におすすめ◎
②華やかな香りが長続き!ヘアコロンの使用も不要でコストカットができる
③少量でもみずみずしくスーッと伸びてべたつかない使用感

Amazonサイトで購入はこちら

大島椿

大島椿

種類 アウトバス
税抜価格 900円
容  量 40ml
おすすめポイント ①髪や頭皮だけじゃない!お顔やボディにも使える万能オイル!
②上質な椿オイルだけを贅沢に配合!他の成分に邪魔されずに椿のみの美髪効果を期待できる
③濡れた髪、乾いた髪の両方に使用OK

Amazonサイトで購入はこちら

DHCメン スカルプケアトリートメント

DHCメン スカルプケアトリートメント

種類 アウトバス
税抜価格 1,096円
容  量 200ml
おすすめポイント ①男性特有の不快なニオイをカット、清潔感のある印象に
②クリームタイプのテクスチャーで、髪の内部にまでしっかり浸透
③即効性ありとの口コミ多数!使用後はふんわり、頭皮のべたつきもリフレッシュ

Amazonサイトで購入はこちら

正しいヘアケア方法

男性それぞれにベストなヘアトリートメントを選んだ次は、その効果を最大限に活かすため、正しいヘアケア方法をまとめてチェックしてみましょう!
・髪と頭皮の摩擦を防ぐため、やや多めの量を塗布する
>・ゴシゴシと擦らず、指の腹を使ってソフトなタッチで馴染ませる
・ダメージが蓄積しやすい毛先は丁寧に塗り込む

トリートメントするメリット

シャンプー・コンディショナーにプラスし、ヘアトリートメントをプラスすると、
・シャンプーやコンディショナーでは補えない美髪成分でケアができる
・今あるダメージを補修することはもちろん、予防にもアプローチできる
・まとまりのあるつややかでコシのある髪質になり、年齢を重ねても若々しいままの髪・頭皮を維持できる

まとめ

メンズにおすすめのヘアトリートメント情報、トリートメントが必要な理由など、美髪・健やかな頭皮を目指すためのコツをお知らせしてきました。
男性にとっての見た目のシンボルとなることも多い髪は、つややかでコシがあるだけでも、清潔感のある魅力的な印象に映るもの◎
ちょっとしたきっかけでもダメージを蓄積しやすい男性の髪・頭皮に、ご紹介したおすすめのトリートメントをさっそく活用してみてくださいね!

ヘアケアカテゴリの最新記事