【男性用化粧品・メンズスキンケア】海外では常識、「肌マネジメント」する“美ジネスマン”とは?

【男性用化粧品・メンズスキンケア】海外では常識、「肌マネジメント」する“美ジネスマン”とは?

今回は株式会社リッチメディアが行なった海外と日本における肌マネジメントの違いに関する調査をまとめました。「日本」、「アメリカ」、「中国」、「韓国」、「タイ」、「ドイツ」、「インドネシア」、「シンガポール」、「イギリス」の世界9カ国の都市圏に住む20~30代男性ビジネスマンを対象として比較をしています。はたして、日本のビジネスマンのスキンケア実態はいかがなものでしょうか。

ハイライト
ポイント1

日本は世界第2位のスキンケア先進国イメージを持たれているが、実施率は世界最下位!

ポイント2

仕事ができる人は明るい肌をしている!

ポイント3

経営者・役員はスキンケアや「肌マネジメント」に積極的!

ポイント4

ビジュアルコミュニケーション社会が到来しつつある!

日本のスキンケア事情のギャップ

スキンケアのギャップ
出典:「海外では常識、『肌マネジメント』する“美ジネスマン”」(株式会社リッチメディア)

世界9カ国のビジネスマンにスキンケア意識が進んでいると思う国を挙げてもらうと、さすがに1位は美容大国の韓国(42.1%)でしたが、2位は日本(38.5%)で、3位のアメリカ(28.0%)と10%以上の差が開いており、非常にスキンケア意識が高い国と思われているのです。

しかし、実際にスキンケア実施率を見てみると、なんと日本は51.3%と世界9カ国で最下位という状況でした。イメージも高かった韓国は堂々の2位(86.5%)で、1位は中国(88.7%)でした。中国はスキンケアをしているイメージは高くない(世界8位:13.6%)ものの、ビジネスシーンにおいて、自分の肌に気を使ったり整えたりする行為、「肌マネジメント」意識の高さから、実施率は非常に高くなっています。中国では、スキンケアがビジネスにおいてとても重要であることを認識しているようです。

スキンケアが世界的に一般的になりつつある中、日本は少し出遅れていると言わざるをえない状況ですね。

しかし、総合的な実施率は低いものの、日本の経営層や金融業界はスキンケアに力を入れているという調査データがありますので、併せてこちらもご覧ください。【人気業界ビジネスマンの「男のスキンケア実態 」 “肌マネジメント意識”が高いのは・・・

仕事において肌マネジメントは重要

肌マネジメント
出典:「海外では常識、『肌マネジメント』する“美ジネスマン”」(株式会社リッチメディア)

肌の手入れをすることは仕事を行ううえで、どのような関係性があるのかを各国のビジネスマンに聞くと、「仕事をする上で肌に気を使うことは当然」(71.3%)、「肌の状態をコントロールできる人は、仕事のマネジメントもできそう」(63.9%)、「仕事ができる男性は明るい肌をしている人が多い」(63.7%)など、「肌マネジメント」が仕事と密接な関係にあると考えているようです。

国別に見ると、仕事に肌マネジメントが最も重要と考えているのは中国であり、どの項目でも平均を上回っています。
一方、日本は全項目で平均を下回ってはいますが、50%以上、つまり2人に1人以上は仕事において、肌マネジメントは重要な要素であると考えています。その中でも「仕事ができる男性は明るい肌をしている人が多い」という項目が59.8%と最も高く、肌の見た目が仕事ができるというイメージ作りに大きく影響していることがわかります。

今のところ、日本はややスキンケア後進国とはいえ、ビジネスマンにとって、スキンケアの重要性が高いと感じている人が多いので、スキンケアマイノリティにならないように肌のお手入れを始めましょう!

経営者は誰よりもスキンケアの重要性を理解している

日本においても経営層は肌マネジメントを重視しており、その他の役職の人よりも約1.4倍の人が「非常に重視している」と回答しています。驚くべきことに「仕事をする上で肌を気遣うのは当たり前だと思う」との回答も多くあります。【調査データはこちら

肌マネジメント
出典:「海外では常識、『肌マネジメント』する“美ジネスマン”」(株式会社リッチメディア)

また、今回の調査では、国別データはないのですが、世界的に見ても経営者・役員はその他の事務系会社員や技術系会社員と比較して、スキンケア意識・実施率が非常に高いことがわかりました。

「相手を判断する1番の決め手は見た目であり、初対面の0.1秒で印象を判断され、30秒で値踏みをされる。」これが世界のスピードのようです。
今回の調査では、経営者・役員層がスキンケアを重視する傾向が出ていますが、経営者・役員層は自分の顔がビジネスにおいて、重要なツールだと認識しており、いつでも活かせるようにメンテナンスをしています。
多くの経営者・役員層には、国籍や肌の色・年齢を問わず、肌ツヤ・血色が良いことが共通項として挙げられます。
やはり経営者としての責任・重要性をしっかりと認識しているからなのでしょう。

見た目が重要なコミュニケーションになる時代

今後、スキンケアをする男性が増えると思うかと聞くと、全体の90.2%が「増えると思う」と答えています。「中国」や「タイ」ではほぼ全員が増えると答えており、これからの時代、「肌マネジメント」やスキンケアに積極的なビジネスマン、いや“美ジネスマン”はますます増える傾向にありそうです。

また、ビジネスシーンで出会った男性の肌をチェックするかと聞くと、「日本」のビジネスマンでも2人に1人がチェックすると答えていますが、「中国」(84.8%)や「シンガポール」(72.3%)など各国ではチェックするのが常識となっています。
ビジネスにおいても「見た目」が重視される時代です。
ビジュアルコミュニケーションがさらに加速していく中、ビジネスシーンにおいても、スキンケアの重要性がより大きくなっていることを、日本のビジネスマンは認識する必要がありそうです。

日本のビジネスマンにおすすめする男性用化粧品・メンズスキンケア

 

HOLO BELL トータルスキンケア保湿ジェル

HOLOBELL トータルスキンケア保湿ジェル

 

世界中には多くの男性化粧品・メンズスキンケア商品があり、日本で有名な海外ブランドもありますが、当然ながら日本人と外国人の肌の性質は異なります。そのため、日本人には日本人に適したスキンケア商品を使うべきだと考えています。これは海外でも同じかもしれませんが、男性の肌には保湿が最も重要です。神奈川大学の特許技術「三相乳化技術」を活用したトータルスキンケア保湿ジェルは高い保湿力と、サラサラで快適な使用感の両立を実現しているため、継続的なスキンケアが可能になります。添加物の配合も最小限に抑えられており、なにより、アルコールやパラベン等、7つの添加物フリーなので、ニキビ肌・敏感肌・乾燥肌・オイリー肌等、どの肌のタイプでも安心です。皆様の肌にも自信を持っておすすめします。
サラサラとしていますが、朝の使用で夜まで保湿を実感できます。忙しいビジネスマンにはピッタリではないでしょうか。

公式サイトで購入はこちら

Amazonサイトで購入はこちら

まとめ

国によって違いはありますが、男性のスキンケアは当たり前になりつつありますね。日本もまだまだ遅れているとはいえ、経営者を筆頭にビジネスマナー・ツールとして肌マネジメントは一般的になってきています。これからより一層、世界を舞台で戦っていかないといけない日本にとっては、スキンケアの習得はとても重要な要素になってくるのではないでしょうか?そして、今からでも肌マネジメントを始めることで、周りから一目置かれ、世界でも戦えるビジネスマンになる人が増えればと願っております。

日本と海外の肌マネジメント事情は
・ビジネスで肌マネジメントが重要だと最も考えている「中国」がスキンケア実施率No1で、日本はやや出遅れ気味。世界で戦っていくために今からでもスキンケアを始めましょう!
・見た目は人の印象に大きな影響を与えている。肌マネジメントはもはやビジネスにおけるマナーであり、武器であることを認識しておきましょう!

どんなスキンケア商品を買えばいいかわからない方はおすすめメンズスキンケアランキングをご参考に!

調査レポートカテゴリの最新記事